北欧 フィンランドの 伝統手芸をならう会 2 サーミネックレス

*関東を中心に活動する、TAKKU ヘイデイ・フースコさんをお招きして、北欧手芸のWS開催します!

2. AAVAサーミネックレス → キャンセル待ちで申し込む   日 時: 5月19日(金) 14:00−16:00

  (定員:ブレスレットと併せて約8名、満員御礼、キャンセル待ち、受付ます。)

  参加費:6800円 (おやつと飲物付、税別)   *今春の新作、サーミネックレスを教えていただきます。

  春夏の装いにぴったりのおしゃれアイテム、お値打ちです♪

*サーミ手芸とは?  北欧の最北に住む、少数民族サーミの人たちの伝統的な工芸品です。

 彼らが工芸品に使っている金属は、錫だけです。

 今回、その貴重な材料、錫の糸を使って、ネックレスを作ります。

 北欧では、身につけていると幸せが訪れるという、素敵な言い伝えもあるそうです。  サーミの人たちが使っていた模様は、幾何学的なジグザグ模様や円・十字架、そして雄の鹿の角の模様

 でした。錫の糸は、今も洋服の襟や帽子・ベルトの飾りに使われています。  他にも、トナカイ用の紐やブローチ、バッグ、ブレスレットに使われています。

講師:『TAKKU』ヘイデイ・フースコ

講師:『TAKKU』

ヘイデイ・フースコ 

HP: http://www.takku.org/

特集記事